スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
満16歳!
2011 / 09 / 20 ( Tue ) 23:45:27
お久しぶりです、旦那です。

突然ですが、私の実家の犬が満16歳になりました。
と言っても、捨て犬をいただいてきたので正確な誕生日は知らないんですけどね。

16年前の秋にやってきた犬なので、ほぼ満16歳です。
雑種で真っ黒で柴犬より少し大きめのメスです。

RIMG0351.jpg

人間で言うと80歳なんだそうです。
もうすっかりバアサンですね。



で、9月19日、敬老の日に亡くなりました。

もう10日間は飲まず食わずで何にも口にしてくれず、ゴロンと横になったまま
静かに息を引き取りました。

亡くなる前日もmiyukiさんと一緒に様子を見に行って、ヨタヨタ立ち上がったりしてて、
もう長くないと覚悟してたんですけど、あっけないくらいでした。


大きな怪我も病気もなく、長いこと家族の話題の中心でした。

一緒に生活していた両親がこれから寂しくなるだろうなと少し心配ですけど、
これだけ大事にしてもらって最期まで命を使い切ってくれたんだから
胸を張って「十分飼い切った」と誇りに思ってくれればいいなと感じています。


私も太郎とさち子をしっかり面倒見て、最期の日は後悔しないようにしたいとあらためて思いました。



太郎もお別れのときはいつもと違って大人しかったです。
何か感じたのかな?

image09201.png


さちも長生きしてください。

image0920.png


今年は特別な敬老の日でした。




スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


犬日記 TB:0 CM:14 admin page top↑
<<全力疾走、しかし・・・ * HOME * 歯磨き大好き???>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ご冥福をお祈りします…

おはようございます!

人もペットも生きてる限り、
避けては通れない事ですね…。

拝見してて、祖母が100歳でこの世を去った時、
New Yorkのおかあちゃんと、
私が慕ってるBIg mamaが、
「100歳を全うするのは、素晴らしい事だ」
「悲しむのではなく、喜ばしい事」だと、
私に声をかけてくれたのを思い出しました。

わんちゃん(失礼、お名前なかったので)
大切に育てられて、とっても幸せだったと思います。

みなさま、どうかお気を落とされませぬ様に…。

ご冥福をお祈りします。
by: ぽんっ! * 2011/09/21 06:36 * URL [ *編集] * page top↑
 

涙が止まりませんでした…
忘れられない敬老の日となりましたね。

わたしが実家で飼っていたワンコを亡くしたときは
後悔ばかりでした。

ああすれば良かった…
こうすれば良かった…
なんであんなコトしたんだろう…

毎日泣き続けたことを思い出しました。

そして今、
圭と暮らし始めてちょうど3年になります。

今度は、
胸を張って最期のお別れができるよう
毎日を楽しく豊かに
小さな命、大切に守り続けていきたいと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
by: mayu * 2011/09/21 11:11 * URL [ *編集] * page top↑
 

ご実家のワンちゃんの
ご冥福を心よりお祈りいたします

心の準備はできていても
やっぱり思う事はたくさんありますよね
ワンコを飼っている以上
いつかはくる日なんですが
悲しいですよね
でも きっとお空であいがとうって
言っていると思います
by: ミュウちゃんまま * 2011/09/21 21:40 * URL [ *編集] * page top↑
 

わんちゃんのご冥福を心より
お祈り申し上げます。

旦那様のご実家に飼われて
わんちゃんもとっても幸せな人生を
過ごせたんでしょうね。
写真のお顔とても良いお顔です。

私達よりはるかに短い人生。
精一杯愛情注いであげなくちゃですね。

by: まかぽてママ * 2011/09/21 22:33 * URL [ *編集] * page top↑
 

このたびは、ご愁傷様でした。
ご実家で、第2の犬生を過ごせたワンちゃんは
とっても幸せだったでしょうね♪

大事な家族をなくしたことで、ご両親がお力落としの
こともあるかと思いますが・・・旦那さんのお言葉通り、
「飼いきった」と誇りに思い、そして、思い出を大事に
していって頂きたいですね。

私も最後の最後になってから後悔しないように日々、
2チワと過ごせてることに心から感謝しつつ、お世話に
励みたいと思います♪
直ぐ、サボっちゃいますけれど・・・。(* ̄∇ ̄*)

ご実家のわんちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。
by: ひなた母 * 2011/09/21 23:20 * URL [ *編集] * page top↑
 

ぽんっ!さま、コメントありがとうございます。
おばあさまも100歳とは、大往生だったんですね。
いつかは来てしまうお別れも、こういう穏やかな気持ちで迎えられるということは
大変素晴らしいことだと思います。
今は16年間ありがとうという感謝の気持ちで一杯です。
by: 旦那@事務所 * 2011/09/22 08:41 * URL [ *編集] * page top↑
 

mayuさま、コメントありがとうございます。
幸い実家のこの犬は体が丈夫で、最期の時も
苦しむことなく逝ってしまったようです。
両親も確かに淋しいんでしょうけど、とても落ち着いて
お別れを受け入れていた様子でした。
圭くんもたろさちも「あぁ、よかったね」と思えるよう、これからも
一緒に頑張ってお世話していきましょうね。
by: 旦那@事務所 * 2011/09/22 08:45 * URL [ *編集] * page top↑
 

ミュウちゃんままさま、コメントありがとうございます。
あと何日もつかな~と思っていたら、翌日には逝ってしまいました。
最期の日の朝には両親が寝てるのを起こしに来たそうです。
「もうお別れだよ」って言いに来たのかも知れませんね。
今はただただ感謝の気持ちで一杯です。
by: 旦那@事務所 * 2011/09/22 08:54 * URL [ *編集] * page top↑
 

まかぽてママさま、コメントありがとうございます。
捨てられていた生まれて間もない子犬を、ひょんなことから
実家で飼うようになりました。
あれから16年も経つんだな~と思うと、長いような短いような・・・
小さい時はいたずらしたり脱走したり、犬を飼う事の大変さを
教えてもらいましたよ(^^;
今ではどれも懐かしい思い出です。
敬老の日に逝ってしまうなんて、ウチの犬らしくていいなと思ってしまいました。
by: 旦那@事務所 * 2011/09/22 09:07 * URL [ *編集] * page top↑
 

ひなた母さま、コメントありがとうございます。
いつか来てしまうお別れも、落ち着いて受け入れることができました。
両親がたくさんの愛情を注いで、しっかりと育てててくれたからだと思います。
きっと寿命を1秒残らず使い切ったんじゃないでしょうか。
それくらい穏やかな顔で逝ってしまいました。
私もこんなお別れができるよう、しっかり可愛がってたくさん触れておきたいです。
miyukiさんはやりすぎてたろさちにウザイと思われるかも・・・(^^;
by: 旦那@事務所 * 2011/09/22 09:19 * URL [ *編集] * page top↑
 

ご冥福をお祈りいたします。

いつかはくる日とわかっていても、
見送るのはつらくて悲しいですよね。

でも、ワンちゃんは幸せだったと思いますよ。
ご両親様もワンちゃんも、たくさんたくさん幸せな時間をすごされたんですから・・・。
虹の国(おそら)でワンちゃんは、
『ありがとう』って笑っていると思います。

by: ちぇるぴー * 2011/09/23 00:02 * URL [ *編集] * page top↑
 

ご実家ワンちゃんのご冥福をお祈りします。
見送る方は悲しいと思いますが、
家族に見守られながら天寿を全うできて、
ワンちゃんは喜んでいると思います。

ワンコは人間より寿命が短いので、
いっしょにいるとどうしても「いつの日か…」なんて
シンミリ考えてしまったりしますよね。
旦那さんの仰る通り、私も後悔しないように
なつに愛情を注いでやりたいと思います。

たろさちもいっぱい長生きしようね!
by: まっど * 2011/09/23 05:33 * URL [ *編集] * page top↑
 

ちぇるぴーさま、コメントありがとうございます。
体が強かったのか、食欲をなくしてからもヒョコヒョコと
歩いたりする元気は残ってたんですよ。
だからもうしばらくもつのかな~と両親とも話してたんですけど
フッと息を引き取ったようです。
でも覚悟はしていたので、冷静に受け入れることが出来ました。
いい犬だったので名残惜しいんですけど、ウチの犬になってくれて
ありがとうと、こちらが感謝の気持ちで一杯になりました。
by: 旦那 * 2011/09/23 23:25 * URL [ *編集] * page top↑
 

まっどさま、コメントありがとうございます。
実家の犬も今では立派な骨壷に入れられて
お線香と水を毎日供えられてるようです。
使っていたベッドや水飲みバケツも片付けられていて
そういうのを見ると少し寂しく思いますね。
犬の死を受け入れたのも、本当は実感がなかっただけで
これから少しずつ悲しみがこみ上げてくるのかも知れません。
犬は紛れもなく私たちの家族ですので、最後の最後まで
しっかり面倒見てあげたいですね。
by: 旦那 * 2011/09/23 23:32 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://wandel.blog32.fc2.com/tb.php/333-ebeb956d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。